MICHI

【コラム| 道 vol.1】横浜/アメリカ山公園の”はちみつ”から考える生物多様性保全

【コラム| 道 vol.1】横浜/アメリカ山公園の”はちみつ”から考える生物多様性保全

物理学者のアルベルト・アインシュタインはこんな言葉を残していると言われています。  「もし、蜂が地球上からいなくなると、人間は4年以上生きられない」   蜂がいなくなると、受粉ができなくなり、植物がなくなる。 そうなると、植物の光合成によって酸素が供給されず、 人間は野菜から必要な栄養分を摂取することもできなくなる。   国際連合食糧農業機関(FAO)によると、 花粉を媒介する動物が絶滅する速さは100~1000倍になっており 花粉を媒介する無脊椎動物の約40% 特に蜂とチョウは 世界で絶滅の危機に瀕していると言われています。     蜂は、世界食糧の約1/3、全作物種数の約7割の受粉を、 支えていると言われますが、 そんな極めて大恩のある蜂が今、苦しんでいます。  生息地の森林減少、気候変動、寄生虫、 そして最も大きい原因とされる田畑へ撒く農薬などが原因です。   日本国内のレッドデータによると、 現在多くの蜂は準絶滅危惧種となっています。   蜜蜂の保全を訴える団体も各地に増えてきています。   私たちhaishopがある横浜 みなとみらいのすぐ近く みなとみらい線「元町・中華街」駅の駅舎上部と隣接する丘陵地が 一体的に整備された全国初の立体都市公園 アメリカ山公園。...

2024.02.03

【コラム| 道 vol.1】横浜/アメリカ山公園の”はちみつ”から考える生物多様性保全

物理学者のアルベルト・アインシュタインはこんな言葉を残していると言われています。  「もし、蜂が地球上からいなくなると、人間は4年以上生きられない」   蜂がいなくなると、受粉ができなくなり、植物がなくなる。 そうなると、植物の光合成によって酸素が供給されず、 人間は野菜から必要な栄養分を摂取することもできなくなる。   国際連合食糧農業機関(FAO)によると、 花粉を媒介する動物が絶滅する速さは100~1000倍になっており 花粉を媒介する無脊椎動物の約40% 特に蜂とチョウは 世界で絶滅の危機に瀕していると言われています。     蜂は、世界食糧の約1/3、全作物種数の約7割の受粉を、 支えていると言われますが、 そんな極めて大恩のある蜂が今、苦しんでいます。  生息地の森林減少、気候変動、寄生虫、 そして最も大きい原因とされる田畑へ撒く農薬などが原因です。   日本国内のレッドデータによると、 現在多くの蜂は準絶滅危惧種となっています。   蜜蜂の保全を訴える団体も各地に増えてきています。   私たちhaishopがある横浜 みなとみらいのすぐ近く みなとみらい線「元町・中華街」駅の駅舎上部と隣接する丘陵地が 一体的に整備された全国初の立体都市公園 アメリカ山公園。...